2007年06月05日

そりゃぁ何でも時代のせいにしてたら楽だわな

インターネットというのは本当に便利なもので自分のあやふやな記憶を、30年近く前のおぼろな記憶を、トレースすることがある程度可能です。
検索してみるとそれは1980年か1981年のことになるようです。
TBSラジオで土曜日の夜午後9時頃からやっていたのではなかったかと思います。
「ヤングタウン東京・サタデーナイトカーニバル」という番組で、ヤングタウン東京というのはTBSラジオでは内容の変遷を経ながらも長寿の番組だったのですが、そのうちの小室等と吉田拓郎がパーソナリティをしていた時期のことです。
私が高校3年かまたは浪人中のことになります。
当時吉田拓郎がとても好きで、1978年はほとんど活動をせず『ローリング30』というアルバムを出すだけ、1979年は愛知県の篠島という離島でのオールナイトライブ、その後で「今までの歌は全部捨てる」と宣言をしていたちょうどその頃になります。

その「ヤングタウン東京」に田辺茂一という人がゲストとして出演しました。田辺茂一が紀伊國屋書店の社長であることは知っていました。べらんめぇ口調の江戸弁でちょっとうるさそうなおじいさんという印象でした。小室等の好きそうな文化人なのかなと思いました。

番組の中で小室等がこう聞きました。
「炭屋の片隅で始めた本屋が、日本一の本屋になるなんて、そんな時代というのはもう来ないんでしょうねぇ?」
すると田辺茂一はべらんめぇ調で、
「そりゃぁ、おめぇえ、何でも時代のせいにしてりゃぁ、そりゃぁ楽だわな」
26、27年前の記憶です。もしかしたらこれとは大分違ったやりとりだったのかも知れません。四半世紀以上の時間の中で私の心の中で脚色されてしまった記憶かも知れません。
でも今でも頭の中にあのときの口調のままでときどき再生されるんです。
「そりゃぁ、おめぇえ、何でも時代のせいにしてりゃぁ、そりゃぁ楽だわな」

まだまだ柔らかかった私の頭とか心に強く刻まれた言葉です。
それから私は努めて、時代とか社会とか世の中とか会社とか、何かそういうもののせいにすることはすまい、と自分に言い聞かせてきました。

田辺茂一の言葉は、ただただ頭の上から、「甘えてんじゃねぇよ」と叱咤する言葉で、それは言い訳を許してもらえない本質的な言葉ではないかと思っています。
 
心に響く名経営者の言葉心に響く名経営者の言葉
ビジネス哲学研究会
PHP研究所
売り上げランキング : 57616
Amazonで詳しく見る by AZlink

posted by ふぁいなる at 00:53| Comment(1) | 私の好きな言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
最近この言葉を知りましたが、忘れられない言葉になりました。
Posted by mie at 2008年12月28日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。